FXプライムのチャートナビプライム

>> 公式サイトへ
■FX.プライム独自の"シグナル表"で取引チャンスをわしづかみ!
「FXプライム」の『チャートナビプライム』は30種類のテクニカル指標に対応している上にカスタマイズ性に非常に優れた、FX業界でも高水準のチャート分析専用ツールです。独自の「シグナル表」を利用すれば簡単に各分析の売買シグナルを表示することができ、FXを始めたばかりの初心者から経験豊富な上級者まで高度な機能を活用し、ここぞという取引チャンスを逃すことなく、効率よく利益を上げられるようになります。

チャートナビプライムの特徴を3つ紹介

■30種類のテクニカル分析で独自の戦略を構築できる!
『チャートナビプライム』で対応しているテクニカル指標は30種類にもおよびます。たとえば、代表的なテクニカルの「移動平均線」や「一目均衡表」、「ストキャスティクス」、そして、上級者向けの「ピボット」や「コポック指数」などが利用できます。
好みのテクニカルを利用する際に任意の条件を設定すれば、自身のストラテジ(取引戦略)に合わせた最適な分析環境を作り上げることも可能です。細かいことがわからない初心者の方はまずは初期設定の状態で試しながら、収益が上がるテクニカル分析を探すこともできます。


■各分析での売買シグナル表示が可能!
テクニカル分析で弾き出された結果を売買シグナルとして表示することができます。『チャートナビプライム』では各種のテクニカル分析で売買のタイミングがどうなっているのかを通貨ペアごとに表示させることもできます。ですので、取り引きのタイミングをじっくりと窺うには最適です。

売買シグナルの設定はとても簡単で、ダイアログに沿って好みの条件を選択すれば売買シグナルを表示することができるようになります。
システムトレーダーには売買シグナルはかなり有効ですし、自分でテクニカル分析をしたい方も初心者のうちはひとつの判断材料として利用するのも手でしょう。


■チャート上にも売買シグナルが表示できる!
『チャートナビプライム』の売買シグナルはチャート上にも矢印で表示することができます。売買のポイントをチャート上で値動きを見ながら視覚的に把握することで、取引判断のミスや取引機会の喪失を防ぐことができるのです。 たとえば「ローソク足」が「移動平均線」をクロスした際に売買シグナルが表示されるように設定すると、ゴールデンクロスで買いシグナル、デッドクロスで売りシグナルが表示されます。ほかにも相場の天井や底、サポートライン・レジスタンスラインのブレイクなどに売買サインを表示できます。このようにトレンドが強いほど利益が大きくなる売買シグナルの設定もありますし、投資家の好みの設定でシグナルを表示させることが可能です。

>> 使いやすくてスピーディーなトレーディングを実践できる!

ページ上部に戻る